運営会社

ホリダシモノは、(株)あるある不動産が運営しています。
私たちは、不動産を通して地域の暮らしを豊かにする、長崎県にある不動産会社です。

【事業内容】不動産業、広告業、建築全般

◯ 自社サイト    あるある不動産
◯ 不動産情報サイト    Ohesojournal

株式会社 あるある不動産
〒859-3701 長崎県東彼杵群波佐見町折敷瀬郷1079-3
https://ohesojournal.com/aruarurealestate/
TEL:0956-56-8866
宅建業免許番号:長崎県知事(1)第4198号

ごあいさつ

当社は、長崎県の波佐見町で暮らしや住まいを提供している不動産会社です。2017年より不動産情報WEBサイト「Ohesojournal」を運営し、より深掘りした「詳細な不動産情報」と「物件の魅力」を発信し、空き家流動化による空き家問題の改善に取り組んでいます。

現在、たくさんの空き家所有者と活用者のマッチングのお手伝いを行っております。
 

サイト運営を通じ様々な方々との出会いの中で、空き家以外に新たな問題が見えてきました。

それは、農地や山林などの耕作放棄地化や荒廃化の問題です。
 
近年、人口減少や高齢化及び後継者不足の影響による社会問題として、危険空き家など緊急性の高い「空き家」が多く取り上げられますが、農地や山林も例外ではありません。
 

しかし、これらの不動産は取引きの難易度が高い割に手数料が低く不動産会社が扱いたがらない為、市場に出回ることがほとんどありません。その結果、物件化されることなく、社会問題化するのです。

これは不動産の性質上、地方に多く見られ、特に過疎化が進む地域住民にとっては深刻な問題として捉えられています。
 
そんな農地や山林、未利用地にも光をあて、流動化による豊かで住みよい未来を創るべく、山林や農地の掲載サイトの立ち上げに至りました。それが「ホリダシモノ」です。
 
「ホリダシモノ」は基本的にセルフサービスで誰でも簡単に投稿し、活用者を募集することができる「掲示板方式」を採用しました。わざわざ不動産会社に出向いて手続きをする必要もありませんし、家にいながら気軽に募集することができます。
 

これにより、今まで市場で出回りづらかった種類の不動産も物件化され、活用希望者の目に触れることで不動産流動化が期待されます。

これまで眠っていた農地や山林などの遊休不動産には新たな役割が見出されます。
 
新しく農業や林業を始める方や事業拡大を検討の方はもちろん、趣味の場所として探されている方や移住を検討されている方など、田舎には、ダイナミックな自然のロケーションや、開放感のある広々とした環境があります。
 
ぜひ「ホリダシモノ」で、魅力あるホリダシモノ不動産を掘り出して、新たな役割を与えてあげてください。
 
 
 
株式会社あるある不動産 代表取締役  浅田勝也